一般社団法人 アジア教育交流研究機構

ニュース

2019年09月24日

【外国人初!関昭典代表理事がベトナム、ビンフック省公式アドバイザーに就任内定!】

【外国人初!関代表理事がベトナム、ビンフック省公式アドバイザーに就任内定!】

AAEE学生アシスタント 早稲田大学2年 永島郁哉

VJEP2019開催中の8月21日、ビンフック省来訪初日に、当機構代表理事、関昭典がビンフック省の副書記長らと公式会談を行いました。今記事では、その様子を細かく紹介します!71811229_776661736122147_8903694146384953344_n.jpgのサムネイル画像

ホテルで迎えを待っていると、政府要人専用の青いナンバープレートの高級車が颯爽とやってきました。乗り込むと、一般車は心なしか道を譲っていきます。どうやら青ナンバーの政府関連の車は一般車に対して道路の優先権を持っているらしいのです。既に政府の客人として扱われていることに気が引き締まると同時に、一学生である私がこれから体験するであろうことの貴重さをひしひしと感じました

到着すると、絢爛な大部屋にて、公式会談がスタート。VJEP2019の話題から始まった会談も次第に本題へ。この会談の目的は、関代表理事のビンフック省公式アドバイザー就任の話でした。アジア圏でこれまで、学会発表や講演会、学生交流、社会貢献を行ってきた、教育者としての実績を評価してのビンフック省公式オファーでした。ポスト名として「Advisor of Binh Phuoc Provincial Union of Friendship Organizations (ベトナム、ビンフック省友好組織連合アドバイザー)」が用意されました。実はこの肩書きを決めるのにも、書記長を始めとした政府幹部内で相当な議論が行われたそうです。彼を迎えるにあたっての、相当な情熱を感じます。こうして関代表理事の就任が内定しました。すると、すぐに就任セレモニー開催の話が持ち上がります。私たちがあんぐりと口を開けている間に、10月末にビンフック省にて外国人初のアドバイザー就任セレモニーが盛大に行われることが決定!

我々は為す術もなく、巨大な組織に吸い込まれているような感覚がしました。これから起こるであろう歴史的な出来事も、私たちは何も知りません。しかし、ビンフック省から多大な信頼と支持を受ける関代表理事を中心として、この土地の教育は確実に変わるでしょう。その小さな灯火がこの瞬間に生まれたのでした。71012109_776661759455478_7134393582957363200_n.jpgのサムネイル画像

71206096_776661822788805_4023178471269203968_n.jpgのサムネイル画像